〒392-0082 長野県岡谷市長地御所1-8-6

電話番号0266-26-0648

岡谷 塩尻 諏訪 歯科 インプラント 矯正 審美 歯周病 治療

インプラント

CT

顕微鏡歯科

料金案内

invisalign

finecube 当院のCTはFinecubeを使用しています。
Mobile Site

インプラント治療について

インプラントはどの位持つものですか?よくある質問です。一般的には10年位か患者さんの管理によっては、それ以上長くもなり短くもなるでしょう。これが一般的な答えだと思います。しかしインプラント治療においてはそのインプラントを長く持たせるための重要な要素はお口の中の環境にあります。ですから長く持たせるためのインプラント治療はまずお口の中の環境を整える治療を行う必要があります。その環境要因とは、一つにはインプラントは力のコントロールすなわち良好な咬合状態の上の成り立っていなくてはならないということです。

人はみな自分の体重と同じ位の力で噛んでいます。インプラント数本以外の歯がもし歯周病でグラグラだとしたら、あるいは歯並びが悪くてインプラントの歯でしか噛めていないとしたら、インプラントが、すぐダメになってしまうことは何となく想像が付くかと思います。もう一つの要素としては歯ブラシのしやすい環境のもとにインプラントが存在しているかどうか、つまり炎症のコントロールです。インプラントが入って噛めるようになったけど、歯ブラシがしにくい、あるいは歯肉が痛くてブラッシングができない、これではせっかく入ったインプラントも炎症を起こして長くは持ちません。

インプラントを清潔に健康的に持たせるためにはインプラント同様その周囲の歯肉も強く丈夫に改造してあげる必要があります。いまインプラント治療は簡単に行えるよう治療術式じたいも簡素化しています。しかし多くの場合それは様々な術式を消去した結果であり、インプラントを健康的に長く持たせるためには基本に忠実な治療を行うことはとても重要です。

当院でのインプラント治療に対する考え方はまず咬合がしっかりしているかどうか、それに問題があるならまず咬合治療から、そして歯周病でぐらぐらな歯はないか、歯肉が病的あるいは体質的に弱くないか、もし問題があれば歯周治療から、お口の中の環境が整ってはじめてインプラントです。インプラントを健康的に長く持たせるためにはインプラントを埋め込む技術だけでなく、矯正治療や歯周外科を含む包括的歯科治療が必要不可欠だと考えています。

インプラントのメリット

しっかり噛める
自分の歯と変わらない感じでしっかり噛める。
見た目が自然で美しい
色も形も、自然の歯と見分けがつきにくい。
自信や積極性が回復
ちょっと若返った気分!外食や旅行の心配も軽減。
自分の歯の保護
他の歯に金具をつけたりしないので、隣の歯を削らない。
お手入れが簡単
外したりせずに、自分の歯と同じように歯磨ができる。

インプラント治療の流れ

1.精密検査

インプラントは埋める骨の状態によってその予後が大きく変わります。したがって検査の結果、インプラントを埋めるために十分な骨のない方は、増骨手術を行います。

2.口腔内の環境改善

不正咬合や歯周病によりインプラントの予後に不安な要素があれば治療します。(矯正、骨再生療法など)

3.インプラント埋入手術(1次手術)

インプラント本体を顎に埋め込む手術です。

4.インプラント2次手術(3から4か月後)

顎に埋めたインプラント本体の頭出しを行い、インプラント周辺に固く丈夫な歯肉をつくる手術です。
歯のない場所は歯肉の状態が粘膜に近く抵抗力がありません。したがってそのような場所にそのままインプラントを植立すると歯磨きの際に歯肉が炎症をおこし清掃不良となります。ですから基本的には当院ではこの2次手術の際に、歯肉移植を一緒に行いインプラントを植立する部位に強い歯肉をつくります。

5.土台の装着、仮歯

2次手術の1~2週間後、インプラントに土台(アバットメント)を立てます。
土台には、種類が多くあります。何の土台にするかは、症例により異なります。土台から技工士さんに作ってもらう場合は、前もって型取り(印象)をします。土台自体が、仮の場合もあります。土台を立てた後、まず仮歯を装着します。
仮歯の期間は、人それぞれですが、この仮歯で、最終的な歯の形態・清掃性や粘膜の変化などを調べます。

6.印象(型取り)

印象用(型どり)のアバットメント(支柱)をインプラントに装着し、型をとります。

7.インプラント上部構造装着(仕上げ)

仮歯で、どのような歯を入れるか決定したら、型取り(印象)をして、最終的な歯(上部構造)をつくります。上部構造にも、多くの種類(セラミックスやハイブリッドなど)があります。セメントやネジで固定して装着します。セメントの場合は、修理や点検が可能なように仮の接着剤を使用します。

8.メインテナンス

歯(上部構造)を装着したその後のメインテナンスも重要となります。

インプラント症例

インプラント症例1

インプラントとセラミック修復の包括治療の術前術後です。

インプラント症例2

インプラント治療の術前術後です。良好な咬合を回復しました。

インプラント症例3

インプラント治療の術前術後です。良好な咬合を回復しました。

インプラント症例4

上顎無歯顎のケースです。全てインプラントにより咬合回復をおこない、可撒性の歯肉を装着することで審美性を回復しています。

インプラント症例5

インプラント治療の術前術後です。良好な咬合を回復しました。

インプラント症例6

1歯のインプラント回復です。セラミッククラウンを装着することで自然観を回復しました。

インプラント症例7

前歯部欠損のインプラント治療の術前術後です。良好な咬合を回復しました。

インプラント症例8

インプラント治療の術前術後です。良好な咬合を回復しました。

インプラント・審美歯科症例

インプラントとセラミッククラウン

1歯のインプラント回復です。セラミッククラウンを装着することで自然観を回復しました。

インプラントと審美歯科

インプラントと審美歯科の包括治療です。

PAGE TOPへ