〒394-0082 長野県岡谷市長地御所1-8-6

電話番号0266-26-0648

岡谷 塩尻 諏訪 歯科 インプラント 矯正 審美 歯周病 治療

矯正治療

CT

顕微鏡歯科

料金案内
finecube 当院のCTはFinecubeを使用しています。
Mobile Site

矯正装置の種類

料金については料金案内をご覧ください。

 

舌側矯正

舌側矯正とは歯の裏側に装置を付けて矯正を行う治療です。
矯正治療は装置をお口の中に装着してから、治療終了まで平均2年から3年位かかります。
そしてよく患者さんから言われることが、「歯並びは治したいけど装置が外に見えるのがちょっと」です。実際にある患者さんに言われました。「私は今、美しくいたい」と。舌側矯正は歯の裏側に装置が付くため、外から矯正装置が見えません。また現在の舌側矯正の装置は、従来のものより小型化し違和感もとても少なくなりました。また、歯の裏側は唾液腺の関係から唾液がよく還流し、むし歯にもなりにくいです。
ですから外側から装置を付ける一般的な矯正治療に比較して治療における差は生じません。長い人生のなかのたった2、3年の治療期間ですが、歯の裏側に矯正装置が付くことで、矯正装置が見えずに美しく過ごせることは、価値があることなのかもしれませんね。
人は今、美しくいたいのですから。

 

一般矯正

歯の表面に付けるブラケットには、メタルブラケット(金属)のものとクリアーブラケット(透明)のものがあります。なわ歯科医院では患者さんのニーズにお応えするため、メタルブラケットは使用せず、一般矯正を選択されたすべての患者さんが、クリアーブラケットでの矯正治療のスタートとなります。

成人の方の矯正治療

矯正歯科は歯並びを治す治療分野ですが、成人の矯正治療は患者さんの口腔内の状況により治療方針が大きく変わることがあります。まずはお口の中の精密検査(むし歯、歯周病、欠損歯数、予後良好歯、不良歯等)をしっかりおこない、総合的な治療計画のなかで矯正治療の治療方針を決定します。

矯正治療に年齢制限はありませんが、歯の移動は歯を支えている歯槽骨の改造現象によりおこるため、歯槽骨の病気である歯周病を無視して安全な成人の矯正治療はできません。現代生活習慣病といわれる歯周病は30歳以上の成人の80%が歯周病にかかっています。

したがって歯周病にかかった患者さんを安全に矯正治療するためには、矯正歯科の診断能力はもちろんのこと歯周病に対する正確な知識と治療計画も必要不可欠になります。これはほんの一例ですが、一本の歯が生涯にわたって長く、健康的にもつ歯かどうかを知ることは矯正治療を行ううえではとても重要な要素なのです。

とくに成人の歯は治療を何回も重ね、一、二年で持たなくなってしまうような歯を抱えている場合も多いのです。ですから一般的には矯正歯科は歯科の中では特殊分野にみられがちですが、一口腔単位を健康的に回復するという意味では矯正歯科だけが特殊であってはならず、様々な治療分野と矯正歯科が連携をもつ総合的な考え方が結果として健康的で快適な口腔内を患者さんに提供できるのだと思います。

矯正治療終了後に歯並びはきれいになったけど、むし歯だらけになったり、歯がグラグラでは困りますよね。不正咬合を知ることと、個々の歯のより正確な健康状態を知ることは安全に矯正治療を受けていただくためにはとても大切なことです。ですから、なわ歯科医院では矯正治療をするすべての患者さんにお口の中の精密検査を受けていただきます。

検査の結果、お口の中の問題点が不正咬合だけの患者さんは、一般的な矯正歯科治療の治療方針に従い診断を行います。検査の結果、不正咬合のほかに、むし歯、歯周病、欠損歯等、問題のある患者さんは、保存治療、歯周治療、補綴治療を十分考慮したうえで抜歯部位等、治療方針を検討し総合的な歯科治療のなかで矯正の治療方針を決定いたします。

一般的な矯正治療の流れ

STEP1

一般検査
歯周病、カリエス、欠損歯、予後不良歯等、口腔内の諸問題を把握するための検査
 

  • 検査の結果問題点が不正咬合のみの患者さんは次に進みます。

 

STEP2

矯正の検査
顔正面レントゲン、顔側面レントゲン、パノラマレントゲン、口腔内写真、顔写真、口腔内模型

STEP3

一般的な矯正歯科治療の治療方針に従い診断
治療内容、治療期間、料金の説明

STEP4

治療開始

STEP5

保定、メインテナンス

検査の結果不正咬合のほかにも問題点のある方

抜歯部位の検討、インプラント、歯周治療、歯周再生治療、歯周形成外科等様々な治療分野の中から総合的歯科治療の中での矯正歯科治療計画の立案

STEP6

矯正の検査
顔正面レントゲン、顔側面レントゲン、パノラマレントゲン、口腔内写真、顔写真、口腔内模型

STEP7

総合的歯科診断
総合的歯科治療、矯正歯科治療、治療期間、料金の説明

STEP8

治療開始

STEP9

保定、メインテナンス


 

子供の矯正治療

子供の矯正治療の開始時期の目安は、なわ歯科医院では小学校1年生くらいからとしています。その理由は、まずお子さんとのコミュニケーションがとりやすいことと、6歳臼歯と前歯部が永久歯に交換される時期なので今後の咬合状態と成長予測がつきやすいからです。

よく3歳位のお子さんの反対咬合について矯正相談を受けるのですが、この時期の反対咬合は永久歯交換後に環境が変わることがありますし、矯正装置の正しい使い方を指導するにはお子さんに負担が多いかとも思われます。また、この時期に矯正治療を始めなくても、後で大きな問題にはなることはないので、お子さんが自分の意志で治療に協力してくれる時期を待つようにしています。

子供の矯正治療の治療目標はまず正常な成長発育の誘導と正しい永久歯との交換、咬合誘導をしてあげることです。そのため永久歯にすべて交換される12歳位までは、歯の表面につけるブラケットと呼ばれる一般的な矯正装置は使わず、歯の裏側につける固定装置あるいは拡大装置と、取り外しのできる顎外装置を夜、寝るときに使ってもらいます。ですからこの時期の矯正治療は基本的には外から装置は見えません。

治療の流れ

一般的な矯正治療の流れをご参照ください。

矯正治療をうけるにあたって 一般的なリスクや副作用

矯正治療は、一度始めると元の状態には戻せません。 患者さんご自身に充分納得していただいてから治療を始める必要があります。

 

治療計画について

  • 治療の進行具合やお口の中の状態により、当初予定していた治療計画を途中で変更することがあります。
  • 歯を移動させる手段として、抜歯をしたり、歯を削ったり、咬み合わせの調整をすることがあります。
  • ​歯を移動させるために、追加の器具装置や、アタッチメントや顎間ゴムなどの補助装置をつけていただくことがあります。

 

治療期間について

  • 歯の動き方には個人差があるため、当初予定していた治療期間を延長することがあります。
  • 器具装置や補助装置の適切な使用、定期的な通院などが、治療結果や治療期間に大きく関わります。患者さんご自身のご協力が必要です。

 

歯を動かすことによる影響について

  • 歯を動かすことで、根が吸収して短くなったり、ごくまれに神経が壊死したりすることがあり得ます。また、歯肉がやせて下がることもあり得ます。
  • 咬み合わせが変わることにより、一時的にお食事がとりにくい時期があります。また、「顎が痛い、口を開けにくい、開けようとすると音が鳴る」などの顎関節症状が出ることがあります。

 

装置について【つけている時】

  • つけた始めの頃は、発音がしにくかったり、違和感や痛みが出たりしますが、多くの方は数日~一、二週間ほどで慣れてきます。
  • 装置はお口の中にありますので、誤飲することがあり得ます。
  • 金属など、装置の材質に対してアレルギー反応のある方は、治療途中にアレルギー症状が出ることがあり得ます。
  • 装置をつけると歯が磨きにくくなり、むし歯や歯周病のリスクが高くなりますので、丁寧なセルフケアや、歯科医院での定期的なメインテナンスをお勧めしています。

 

装置について【はずす時~はずした後】

  • 装置をはずす時に、エナメル質に微小な亀裂が入ったり、詰めものや被せものの一部が壊れたりすることがあり得ます。
  • 詰めものや被せものは、壊れていない場合でも、むし歯の治療や適正な咬み合わせのために作り直しをすることがあります。
  • 歯を移動させるための装置をはずした後も、指定の期間は保定装置をつけていただきます。保定装置は適正に使用しないと、歯並びが後戻りする原因になります。

 

治療終了後のお口の中の変化について

  • 治療後、親知らずが生えたり、顎の成長発育や加齢、歯周病で骨がやせるなどの原因によって、咬み合わせや歯並びが変化するおそれがあります。その場合は、再治療が必要になることがあります。
  • 詰めものや被せものは、壊れていない場合でも、むし歯の治療や適正な咬み合わせのために作り直しをすることがあります。
PAGE TOPへ