〒392-0082 長野県岡谷市長地御所1-8-6

電話番号0266-26-0648

岡谷 塩尻 諏訪 歯科 インプラント 矯正 審美 歯周病 治療

特殊なインプラント

CT

顕微鏡歯科

料金案内

invisalign

finecube 当院のCTはFinecubeを使用しています。
Mobile Site

特殊なインプラントについて

インプラント治療がすばらしい治療である以上、すべての患者さんに行える治療である必要があります。しかし患者さんの全身的な健康状態の良否や、顎骨の形態異常もしくは骨量不足により手術困難なケースも存在することは確かです。

当院では様々なケースにおけるインプラント治療の実績がありますので、インプラント治療が難しいと診断された患者さんであっても一度当院にてご相談ください。

骨量不足のケース

  • 再生療法による増骨
  • サイナスリフト

    上顎骨には上顎洞といわれる空洞がありこの空洞が上顎顎骨辺縁まで下がっているとき、上顎骨にはインプラントを埋入するだけの骨量が無いことが多いです。このような時上顎骨側面よりホールを形成し上顎洞粘膜を持ち上げ、そこに骨補填材を填入します。このような手術をサイナスリフトといいますが、この手術をすることにより、上顎骨に骨の少ない方でもインプラント治療が可能となります。

  • ソケットリフト

    基本的にはサイナスリフトと同じですが、インプラントを埋め込む穴より上顎洞粘膜を持ち上げ、骨補填材を填入することにより、サイナスリフトより手術範囲が少なく、侵襲が小さいと言うメリットがあります。しかし広範囲における骨欠損には適応しません。

  • GBR法

    顎骨の量が基本的に少ない方の場合、自家骨または、人工骨を移植することにより骨量を増やす手術です。

  • CT分析による3D埋入テクニック

    また骨量が少なくても、骨移植、増骨に抵抗がある患者さんには、CT撮影を行い、画像分析を行うことにより、少ない骨量の中でインプラントの埋入が行える場所を三次元的に探します。そうすることによりわずかな骨量であっても増骨なしにインプラント治療が行える場合があります。

PAGE TOPへ